【0歳〜3歳】乳幼児

お父さんの子育ての質はお母さんのお父さんへの態度に影響される。

お母さんの態度によってはお父さんの子育て能力も変わる(向上する)可能性があるという研究が発表されました。この研究は、比較的に裕福で高度な教育を受けている、共働きの夫婦182組を対象に行われました。
雑学、心理学

長く学校に通っていた方が脳機能にも良い可能性

1950~1960年代からヨーロッパの6ヵ国の60歳の健康、高齢化および退職に関する調査データを使用して、記憶、言葉の流暢さ、計算能力、日付や場所などの認知力と教育期間の因果関係の影響を評価しました。
【3歳~18歳】こども

将来低収入になりやすい幼児の特徴

最近の研究では、人生の最初の数年間における行動上の問題が、大人になった時に低収入である可能性が高いと予測されているようです。
雑学、心理学

鼻で呼吸すると記憶力を強化してくれる

呼吸が脳に与える影響についての研究は増えている分野となっており、多くは記憶に関するものに集中しているようです。今回の論文のスウェーデンカロリンスカ研究所の研究者は、記憶をする時に鼻から呼吸をすると、匂いの刺激も追加されてよく覚えられることが、研究でわかりました。
雑学、心理学

柔道着の青色は勝利に影響しない?研究で確かめると意外な結果が分かった!

もうすぐオリンピックですので面白い論文を紹介します。 スポーツにおいてユニフォームの色(特に青色)は勝敗にあまり影響しなさそうです。 日本にはぜひ実力で勝って欲しいですね。
【0歳〜3歳】乳幼児

バイリンガルの環境は赤ちゃんの注意力を高める

英語と日本語を話せるなど、2か国語を話せる人をバイリンガルと呼びます。この2つ以上の言語が混ざった環境で育つ赤ちゃんは注意管理能力があがるみたいです。小さい頃から英語や外国語に触れるのは大切かもしれないですね。
雑学、心理学

録音を効果的に使用することで仕事を効率化出来る可能性

録音されたオーディオフィードバックアカデミックを使用することで、精神的にも肉体的にもワークロードを削減できる可能性が示されています。
雑学、心理学

腕立てがどれくらい出来るかで心臓病のかかり易さが予測できる

アメリカの有名医学雑誌JAMAによると、40回以上の腕立て伏せをすることができた中年男性は、心臓病(心筋梗塞や狭心症、心不全など)のリスクが有意に低かったことが分かりました。
【3歳~18歳】こども

リズミカルな仕草は子どもの会話力を高める

Pompeu Fabra大学の研究者はリズミカルなジェスチャーを使った簡単なトレーニングが、5歳と6歳の子供たちの話す力に役立つ可能性が示されました。
【0歳〜3歳】乳幼児

男の子を産むと産後うつになりやい!研究で判明した!

特に世の中のお父さんに読んでいただきたい記事になります。男の子を生むと産後うつになりやい報告がなされました。お父さんは男の子場合、お母さんにより優しく接しましょう。女の子の場合も同様ですけど、、、。この研究は英国ケント大学が調べました。
【0歳〜3歳】乳幼児

思春期に子どもができると影響は孫まで影響を及ぼす可能性

最新の研究によると、思春期の母親の孫は同級生よりも学校の成績が低い可能性があるようです。この研究は米国スタンフォード大学とマニトバ大学の共同研究によって発表されました。
タイトルとURLをコピーしました