【科学的にお勧め!】家庭で出来る子どもの能力や才能を伸ばし【賢くする育て方】

家庭で出来る子どもを能力や才能を伸ばし賢くする育て方 科学的におすすめ【3歳~18歳】こども
家庭で出来る子どもを能力や才能を伸ばし賢くする育て方 科学的におすすめ
スポンサーリンク

子どもにとって家や家庭はとても重要な場ですよね。

生活の場という印象もありますが、学びの場、勉強の場でもあるのです。

親の関わり方を少し工夫するだけで子どもの能力をすごく伸ばせる可能性もあるのです。

これからいくつかの子どもの能力を伸ばす科学的ににおススメな方法を紹介します。

科学的根拠はリンクに貼っていますので気になった方はぜひ確認おすすめします!

スポンサーリンク

会話中にジェスチャーを交えるとメリットが沢山!

ジェスチャーをしながら教える

子どもと話すとき身振り手振りを使って話していますか。上手にプレゼンをする人はみんな話ながら手を動かしているものです。
話とジェスチャーをするだけで、聞き手もより理解がしやすくなり説明力が上がることが分かっています。

簡単に出来るのでおすすめです。ジェスチャーしながら教えると子どもの説明力が上がる

ジェスチャーしながら話してもらう

普段の会話もですが、子どもに何かを説明してもらうときにジェスチャーを使って話もらうと言葉の流暢さや説明力が向上します。さらに数学力や創造性も上げる可能性があるんですね。

子どももですが、大人にも十分効果があると考えられます。これを気に会話を外国人みたいに身振り手振りを交えて行ってみませんか?簡単で良いのです。

無料で出来るし絶対おすすめです。ジェスチャーを使うと説明力や言葉の流暢さ向上する

スポンサードリンク

日記をつけてもらう

小学生の頃は子どもは日記の宿題がありましたが、いまもあるでしょうか?

日記を書くことで成績が上がる可能性があるのです。主に感情的なことを書くことでストレス解消になるからではないかと考えられています。

日記をしてもらうのもお勧めです。日記を書くと学力が上がる

学んだ事や経験したことを自分で説明させる

指導や教えた後のフォローとしても有効なテクニックですね。

子どもに今回学んだことや得た知識を自分の口で説明してもらうのです。効果は中程度あり、数学や科学などほとんどの科目で効果があることが分かっています。

教科書や先生の説明を聞くだけよりも2倍の学習効果があることが分かっています。
しかも沢山の研究を比較・解析したメタアナ研究での結果ですのでエビデンスレベルも高いです。

つまり効果はほぼあるといっていいでしょう。

是非子どもに学びを説明、プレゼンしてもらいましょう。大人になってからも役に立つスキルです。

また大人の私たちにも子どもと同じ効果があるので、学びは誰かに発信、プレゼン、説明しましょう!自己説明の学習法は効果が結構ある

スポンサードリンク

ふり遊び・ごっこ遊びは自制心が育つ

子どもは仮面ライダーやウルトラマン、鬼滅の刃やプリキュアなどになりきる、ごっこ遊びはしているでしょうか?

実はこのごっこ遊びはとても大切な遊びで子どもの感情コントロールを上手にすると言われています。また自分へのストレス対処も学べると言われています。

ぜひふり遊びやごっこ遊びはさせて見てくださいね。

こういうのを着ると盛り上がりますよ。ふり遊びは感情のコントロールする力が上がる

好きなキャラになりきると誘惑に負けず課題をこなす効果がある

またごっこ遊び・ふり遊びに関連して好きなヒーローやキャラクターになると課題を達成する能力が上がる効果が分かっています。バットマン効果というそうです。

ポイントはキャラクターの行動を真似するのでヒーローキャラ、正義のキャラだったら効果が高いと考えられます。悪役だともしかしたら微妙かもしれません。悪いことを真似してしまうかもなので。バットマン効果・好きなキャラになりきると誘惑に負けず課題をこなす

スポンサードリンク

兄弟の仲が良いと成績が似る、父親が公平だと成績が似る

兄弟の仲が良かったり、お父さんが子ども皆に公平に接していると子どもの成績は似ることが分かっています。つまり一人だけとんでもなくグレテ不良になってしまうというリスクが減るのです。
お父さんがとても重要になります。

子供には公平に接したいものですね。また、兄弟の仲が良くなるように十分配慮する必要があるでしょう。兄弟の良好な関係と父親の態度が兄弟の学問的成功に重要かも

道徳的な本を読ませると道徳心が芽生える

本の選択はどのようにしているでしょうか?ある研究では道徳的な話を聞かせると子どもの道徳心が向上するという結果が出ています。主人公が前向きな感情を言う場合が特に効果が高いこともわかっています。
ぜひ道徳的な本も読みましょう。道徳心を高める童話の特徴

また、研究で使用された本はこちらの本です。科学的にも効果のあるおすすめの一冊です。

子どもは親や他人から恐怖を学ぶことが出来る

子どもに危険なことをどうやって安全に学ばせることが出来るのか?悩みますよね。

実や親や他人の恐怖や痛いときのストレス反応が子どもにも伝わっており、実際に経験していないにも関わらず恐怖を共有できるという研究があります。

またこれは演技でも伝わります。

子どもに絶対してほしくないことを教えるときに親は演技してみせて不快な感情を見せると子どもに伝わります。また、体験した人に語ってもらったり、ドラマを見せるのも効果的な可能性があります。親や他人の電気ショックが流れている場面をみて恐怖は子どもにも伝わった

子どもの不正を減らすにモラルバリア効果

子どもにズルしないように課題を取り組んでもらうにはどうしたら良いのか?
実は想像上バリアが子どものカンニングや不正を減らす効果があります。

モラルバリア効果と言います。

空間認知と道徳的行動を結びつき、子どもが正直に行動するようになるのです。簡単ですし詳しくはこちらに書いていますので参考にしてくださいね。子どものカンニングを減らす研究:モラルバリア

良い評判が子どもの不正を減らす

噂=他人の評判を気にしだすのは、子どもが5歳くらいからと言われています。

子供に良い噂を聞かせると不正行動が減る効果が明らかになったのです。子どもに関するポジティブな噂はこどもにぜひ伝えましょう。こどもは5歳から噂を気にする

子供と一緒に食事をする肥満や栄養に関する健康上の問題が少ない

今の忙しい時代では難しいかもしれませんが、一緒に食事をとることは子どもの成長にとてもメリットがあります。
子どもの栄養に関する問題が減ることが分かっているので出来るだけ意識して子どもと一緒にごはんを食べましょう。家族と一緒に食事をする頻度が多いと子どもへのメリットが大きい

また食事環境の質も重要で、楽しい食事は子どもの身体的攻撃性、反対行動、非攻撃的非行、反応的攻撃性全てを低下させることが分かっています。是非食卓は楽しく取りましょうね。食事環境の質が良いとメリットは大きい

いかがでしたでしょうか?全てをする必要はないと思います。実践できるものがあれば取り入れると、子ども可能性が爆上がりするかもしれないですね。

内容は適宜最新の物を追加していきますね!

タイトルとURLをコピーしました