STEM教育を取り入れたおすすめ教材・おもちゃ

【3歳~18歳】こども

STEM教育は算数の点数が上がった物や構造を理解するための探索的な行動が増え、学業や科学的な思考が身に付くことが研究で明らかになりつつあります。
またタブレットのSTEM教育系のアプリなども効果があるようで現代の教育方法にマッチしているでしょう。

STEM教育について詳しく知りたい方は以下の記事に詳しく書いているので参考にしてみてくださいね

ここではおすすめのSTEM教育・STEAM教育の教材やおもちゃについて紹介します。

スポンサーリンク

STEM教育・STEAM教育の通信教育

ワンダーボックス



話題のSTEAM・プログラミング教育教材なら【ワンダーボックス】

STEM系の教材を毎月提供してくれます。また、アプリもあるようで契約すると利用可能。
家でもSTEAM教育を実践できることが最大の魅力ですね。

STEM系・STEAM系玩具

Rappy Luce 電動 ドリル 2個!おもちゃ 知育 玩具

Rappy Luce 電動 ドリル 2個!おもちゃ 知育 玩具

工具やドライバーなどを使い好きなものを製作するおもちゃになります。物を作ることを意識し、設計から組み立てなどの思考過程が学べるでしょう。物の構造を理解するのにも役立つでしょう。また電動ドリルなど現実でも使用されている工具をモチーフにしているので実生活でも応用が可能になると思います。

 

カードでピピッと はじめてのプログラミングカー

カードでピピッと はじめてのプログラミングカー【日本おもちゃ大賞2018エデュケーショナル・トイ部門 大賞】

3歳からプログラミングをテーマにマップにカードを置いて命令し車を操作するおもちゃです。プログラミングに必要な論理的思考を知らず知らずのうちに学べるおもちゃと言えるでしょう。

littleBits STAR WARS R2-D2 ドロイド・キット Droid Inventor Kit

littleBits STAR WARS R2-D2 ドロイド・キット Droid Inventor Kit

磁石で電子回路をつなぐだけで様々なアクションが実行できる組み立てましん。電子回路の仕組みが学べ、プログラミングなどに必要な論理的思考も鍛えられおすすめです。スターウォーズ好きにもおすすめです

 

レゴ(LEGO) ブースト レゴブースト クリエイティブ・ボックス

レゴ(LEGO) ブースト レゴブースト クリエイティブ・ボックス 17101 知育玩具 ブロック おもちゃ プログラミング ロボット

少し上級者向けかつ親しみのあるLEGOのプログラミング&ロボット玩具です。色んな姿に変形させることができ動きます。物体の構造、製作からプログラミングまでSTEMに必要な要素が満載のおもちゃです。

おすすめは以上になります。自宅でできるSTEM・STEAM教材やおもちゃは沢山あるので是非お気に入りの物を探してみてくださいね。

また、おもちゃのサブスクを利用しても良いかもしれません。こちらは知育系のおもちゃを扱っているサブスクリプションのサイトです。良かったら検討してみてくださいね。

知育玩具のサブスクリプション 【Cha Cha Cha】

———————————————————-

管理人おすすめ
「ロボット教室」体験授業受付中
これからの時代必ず必要になるスキルは工学やプログラミングの知識です。

全国展開している有名な教室を紹介します。

全国1400教室で開講している『ロボット教室』
■対象■ 5歳以上から
①監修者:高橋智隆先生 教材ロボットの設計者は、 世界初の対話できるロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」(トヨタ自動車、電通と共同開発)の開発者です。
②4つのコースでレベルアップしながらもっとやりたい!という好奇心を育てます。
③.理数系の基礎力をつける。ドリルでは学べない「空間認識能力」を育みます。

全国200教室で開講している『こどもプログラミング教室』
■対象■ 小学3年生~
①「考える力」を育てるカリキュラム パソコン初心者でも学習できるよう、学習の初期段階では難易度の低い課題からスタート。 最終的には自分でプログラムの改造を考え、作成できるレベルまで育て、「考える力」を育成します。
②.楽しく学ぶために開発した「オリジナル教材」 カリキュラムの最初に謎解きをしながらパソコンを操作しとても考えられた教育設計です。


皆さんの住まいの近くにもあるはずです。
体験だけでもおすすめです!子どもの新たな可能性と進路を見つけましょう

【3歳~18歳】こども
Suzakuをフォローする
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Suzakuの研究所(子育て・教育・心理学に関する研究紹介ブログ)
タイトルとURLをコピーしました