いじめっ子やいじめられっ子は遺伝子のせいかも!?1000組の双子研究から分かったこと

【3歳~18歳】こども

なぜいじめは発生するのでしょうか?集団の中にいれば確かにトラブルやいざこざは必発だと思います。

それでもいじめに発展しない場合もありますよね?

実はその原因の一つにいじめっ子やいじめられっ子の遺伝的な要因が関係しているかもしれないようです。

実際反社会的行動を引き起こすのも40‐50%遺伝が関係している!(1)なんて言われているようです。

この傾向はいじめでもあるのではないか?と考えてしましますよね。そこで今回はいじめと遺伝についての論文を解説していきます。

スポンサーリンク

いじめの原因は遺伝のせいなのか?!を調べた1000組規模の双子を調べた研究

2008年イギリスのロンドン大学キングス・カレッジの研究になります。

1994年から1995年にイングランドとウェールズで生まれた2232人の双子(1,116組)を対象としました。ここには一卵性双生児や二卵性双生児どちらも含まれています。

双子が5歳、7歳、10歳の時に面談して子ども達を調査しました。

✔いじめの被害調査
双子がいじめを受けたことがあるかを調査しました。
双子のお母さんに、双子のどちらかが5歳のときから他の子どもにいじめられたことがあるかどうかを尋ねました。「ない」、「ある」、「よくある」
また暴力被害(例:あざ、切り傷)や心理的な被害(例:からかわれる、恐怖)を受けたかも尋ねました

✔いじめ加害調査
いじめをしているかを調査しました。
お母さんと教師に子どもが「他人に残酷・意地悪をする」、「人をいじめる・脅す」、「よくからかう」などを評価してもらいました。

集まったデータを分析しました。次に結果を書いていきます。

一卵性双生児はいじめの関与が似ていいた!つまりいじめは遺伝かもしれない

双子のいじめ被害といじめ加害の相関は,一卵性双生児の方が二卵性双生児よりも高くいことが分かりました。

具体的にいじめ被害(いじめられっ子)を受ける遺伝的要因は73%でした。環境的要因は27%でした。

いじめ加害者(いじめっ子)になる遺伝的要因は61%でした。環境的要因は39%でした。

いじめと遺伝は結構関連しているようですね。特にいじめ被害、いじめられっ子は割合が高いです。
しかしこの結果にはいくつか注意が必要だなと思いました。

最近ではその遺伝子も特定されてきているようです。機会があれば紹介します。(2)

個人的な限界

いじめと遺伝の関係を初めて調査した比較的有名な論文でした。今回の調査ではいくつか注意が必要な点があります。
そもそも一卵性の双子がマイノリティな存在でいじめにあいやすい可能性があります。

片方の双子がもう片方の双子をいじめている場合には別の問題が存在しているかもしれません。

10歳までしか研究されていないので、10代のいじめの傾向については良く分かっていません。

これらの点には注意が必要だと考えます。

まとめ

✔いじめ被害の遺伝的要因は73%

✔いじめ加害の遺伝的要因は61%

いかがでしたでしょうか?
シンプルですが意外な内容だったのではないでしょうか?
皆さんは子ども時代はいじめられていましたか?そうであれば子どももいじめられやすい可能性があるかも。
いじめする側もされる側も遺伝の影響が考えられます。しかしこれは未熟な10歳以下の子供を対象にしたものですので、人間は学ぶことが出来ますからいじめ教育によって改善が認めれるでしょう。
リスクの高い子ども達への早期の介入が必要だと思いました。

他にも記事をまとめています。良かったら読んでくださいね。

引用論文

Ball, H. A., Arseneault, L., Taylor, A., Maughan, B., Caspi, A., & Moffitt, T. E. (2008). Genetic and environmental influences on victims, bullies and bully-victims in childhood. Journal of child psychology and psychiatry, and allied disciplines, 49(1), 104–112.

(1)Rhee, S. H., & Waldman, I. D. (2002). Genetic and environmental influences on antisocial behavior: A meta-analysis of twin and adoption studies. Psychological Bulletin, 128(3), 490–529. https://doi.org/10.1037/0033-2909.128.3.490

(2)Schoeler, T., Choi, S. W., Dudbridge, F., Baldwin, J., Duncan, L., Cecil, C. M., … & Pingault, J. B. (2019). Multi–polygenic score approach to identifying individual vulnerabilities associated with the risk of exposure to bullying. JAMA psychiatry76(7), 730-738.

タイトルとURLをコピーしました