乳幼児

【0歳〜3歳】乳幼児

【おすすめ】自宅でモンテッソーリ教育出来るおもちゃ

自宅で簡単にモンテッソーリ教育が出来るおもちゃを紹介します。ポイントは0歳から3歳までは指や感覚を重視したものが大切で、3歳から6歳は日常生活や言語、数学、文化が重要です。このポイントに沿ったおもちゃを紹介します。
【0歳〜3歳】乳幼児

0歳からのトイトレ:ECの効果!5歳以降のおねしょ(夜尿症)を減らす!科学的根拠

紙おむつをする期間が長いと夜尿症(おねしょ)になるリスクが高く、0歳からのトイトレのECには夜尿症のリスクを減らす効果がありました。2020年にネイチャーの論文を元にその原因や科学的根拠について解説します。
【0歳〜3歳】乳幼児

トイトレのECで夜泣きが減る!?トイレトレーニングと泣く赤ちゃんの科学的根拠

赤ちゃんの夜泣きは排泄とも密接に関連しており、生後すぐにECをすると夜泣きも減るよという2020年に論文が発表されました。トイレトレーニングは子どもの排泄に良いことは明らかですが、乳児の泣く回数や泣く時間についても影響する驚きです!しかも生後1か月から開始して効果があるそうです。
【0歳〜3歳】乳幼児

夜泣きを放置!悪影響は?ネントレの科学的根拠!夜泣きの赤ちゃんを放置する「Cry it Out(クライアウト)」

赤ちゃんの夜泣きの対策、いわゆるねんとれについて説明します。夜泣きする赤ちゃんをほっとくネントレ「Cry it Out」について方法と科学的根拠を説明したいと思います。
【0歳〜3歳】乳幼児

子守唄は効果あり!赤ちゃんをリラックスさせる。

2015年にInfancy誌に発表されたモントリオール大学の研究です。この論文では2つの実験を行い赤ちゃんが歌を聞いた時の効果を証明しています。
【0歳〜3歳】乳幼児

授乳育児中のママも牛乳を飲むと子どものアレルギーを減らせる可能性

授乳中に比較的多くの牛乳を飲む母親の子供は、食物アレルギーを発症するリスクが低下している可能性があるそうです。これは、科学雑誌「Nutrients」に掲載された、スウェーデンのチャルマーズ工科大学に所属する著者の研究です。
【0歳〜3歳】乳幼児

赤ちゃんを撫でることは重要:痛みを減らす効果あり

撫でた方の赤ちゃんは痛みが軽減されることがわかりました。今回毎秒約3m/sのストローク速度で撫でたそうです。この速度は成人において
【0歳〜3歳】乳幼児

バイリンガルの環境は赤ちゃんの注意力を高める

英語と日本語を話せるなど、2か国語を話せる人をバイリンガルと呼びます。この2つ以上の言語が混ざった環境で育つ赤ちゃんは注意管理能力があがるみたいです。小さい頃から英語や外国語に触れるのは大切かもしれないですね。
【0歳〜3歳】乳幼児

男の子を産むと産後うつになりやい!研究で判明した!

特に世の中のお父さんに読んでいただきたい記事になります。男の子を生むと産後うつになりやい報告がなされました。お父さんは男の子場合、お母さんにより優しく接しましょう。女の子の場合も同様ですけど、、、。この研究は英国ケント大学が調べました。
タイトルとURLをコピーしました