【浮気症ホルモン】テストステロンが多い人の特徴【正直者ホルモン】

テストステロンが高い人の特徴 浮気ホルモン 男性ホルモン恋愛心理学
テストステロンが高い人の特徴 浮気ホルモン 男性ホルモン
スポンサーリンク

今回はテストステロンの多い人の特徴について説明します。

テストステロンが高い人は浮気をしやすいことが明らかになっています。詳しくはこちらで書いています。テストステロンと不倫・浮気の関係

悪いホルモンに見えますが、実はテストステロンが高いと正直である傾向が高いことも明らかになっています。テストステロンが高いと嘘をつきにくい

テストステロンは人を魅力的にするホルモンでもあります。高い人はそもそもモテやすいのです。

さらに嘘をつけない真面目な一面と性欲によりテストステロンが高いと総じて浮気や不倫しやすいです。ついでに嘘つけないのでバレやすいですね。

ではテストステロンが高い人はどんな人でしょうか?マッチョな人は見るからに高そうですよね。そのほかにもテストステロンが高い人の特徴をお伝えします。

スポンサーリンク

テストステロンが高い人の特徴

 

筋トレやスポーツをしていてマッチョな男性


言わずもがなですが、スポーツや筋トレをするとテストステロン量が増えることが言われています。ボール州立大学の研究では17人の男性に10週間筋トレをしてもらい、テストステロン濃度を測りました。有意に運動前に比べテストステロンが高いことが明らかになりました。(1)
そのため定期的に運動している男はテストステロンが高い可能性があります。

 

声が低い

2020年ペンシルバニア大学の報告では、低い声はテストステロンが高いと言われています。男性の落ち着いた低い声は魅力的とも言われているのでモテる要素にもなりますよね。また地位の高い人も声が低くなると報告されています(2)また、いわゆるイケボの人はテストステロンが高い可能性があります。

 

草食系、中性的な顔

最近では、横幅のあるごつごつしたいかにも男らしい顔つきとテストステロンはあまり関係ないと言われています。
2019年のドイツのゲッティンゲン大学の研究では男性140名(18~34歳)を対象に顔の縦横比とテストステロンの関係を調べると、男らしい横に広い顔とテストステロン値は関連していないことが分かりました(3)


なので草食系っぽいモブな人でもテストステロンが高い可能性があります。

こういう人がモテてたりしますよね。中性的な顔=テストステロンが低いわけでなないのです。むしろ高いかもしれません。

 

薬指が長い

テストステロン値が高い人は人差し指よりも薬指が長くなることが明らかになっています。

スペインのバルセロナ病院の研究では204名を対象に人差し指と薬指の長さの比(2D:4D比)とテストステロンの量を調べました。結果薬指が長い人はテストステロン濃度が高い事が分かったのです。(4)

浮気や不倫が絶対に嫌な人はこれらの特徴の反対の性格を選んでも良いかもしれませんね。

ちなみに危険な浮気性(テストステロン値が高い)な既婚男性の特徴もお伝えします。

スポンサードリンク

既婚男性で子どもがいない、育児に参加していない男性はテストステロン値が高い

既婚男性では子どもがいない方がテストステロン値が高い事が分かっています。
また、毎日3時間以上の育児をしている父親は、育児に関わっていない父親に比べてテストステロンの値が低いことが分かっています。(5)

つまり既婚の子どもがいない男性、育児に参加していない父親はテストステロンの値が高いのです。こういう男性には注意しましょう

引用論文

(1)Kraemer, W. J., Häkkinen, K., Newton, R. U., Nindl, B. C., Volek, J. S., McCormick, M., … & Evans, W. J. (1999). Effects of heavy-resistance training on hormonal response patterns in younger vs. older men. Journal of applied physiology87(3), 982-992.

(2)Aung, T., & Puts, D. (2020). Voice pitch: a window into the communication of social power. Current opinion in psychology33, 154-161.

(3)Kordsmeyer, T. L., Freund, D., Pita, S. R., Jünger, J., & Penke, L. (2019). Further evidence that facial width-to-height ratio and global facial masculinity are not positively associated with testosterone levels. Adaptive Human Behavior and Physiology5(2), 117-130.

(4)García-Cruz, E., Huguet, J., Piqueras, M., Ribal, M. J., & Alcaraz, A. (2012). Second to fourth digit ratio, adult testosterone level and testosterone deficiency. BJU international109(2), 266–271. 

(5)Gettler, L. T., McDade, T. W., Feranil, A. B., & Kuzawa, C. W. (2011). Longitudinal evidence that fatherhood decreases testosterone in human males. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America108(39), 16194–16199.

タイトルとURLをコピーしました