親のタバコによる害:受動喫煙にさらされた子どもはむし歯になりやすい

【3歳~18歳】こども

タバコは百害あって一利なし

今回はそんなタバコの害について新しい論文が出ました。

ちなみにタバコの副流煙のことを英語でsecondhand smoke (SHS)といいます。

詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

日本の大学生に親の喫煙とむし歯の調査研究

2020年に出版された日本の研究です。内容は10年以上副流煙(SHS)にさらされた子どもは将来むし歯になりやすいという論文が発表されました。

岡山の大学生を対象にした

岡山の大学1年生1905名(年齢層:18~19歳)で、アンケート調査と歯科医師による口腔内検査を行いました。

また、年齢が20歳以上であることや現在喫煙者であること、不完全なデータを提供している人は除外されました。

親のたばことむし歯の調査アンケートをした

アンケート調査の内容
年齢や性別の他に、、、

調査内容✔毎日の歯磨きの頻度デンタルフロスの使用
✔定期的な歯科検診
✔糖菓や清涼飲料水の摂取頻度
✔フッ化物外用剤の塗布経験
✔食育に関する知識
✔家庭におけるSHS(副流煙)への曝露

以上を回答してもらいました。

検査✔歯科医師による口腔内検査

歯科医師9名にて検査されたようです。
DMFTを評価しました。

DMFTとは
一人あたりのむし歯(D)、むし歯で抜いた歯(M)、むし歯で修復した歯(F)の合計で、集団のう蝕経験を表す指数です。日本ヘルスケア歯科研究会より

つまり過去や現在のむし歯の有無を評価しました。

親のタバコによる副流煙にさらされた人はむし歯になりやすい結果!

家庭でのSHS(副流煙)への10年以上の暴露がむし歯と関連していることが明らかになりました。
SHSへの暴露が無い人より1.5倍むし歯になりやすいようです。

なぜタバコの副流煙(SHS)に暴露されるとむし歯になるのか?

タバコの成分のニコチンはむし歯菌を増やす

最近の研究ではニコチンがむし歯菌のS. mutansの増殖を促進することが分かっているそうです。

口の中が乾燥して、むし歯になりやすい環境になる

SHSは気道の炎症を亢進させ、喘息やアレルギー性鼻炎などの呼吸器疾患を引き起こすようです。これらによって、間接的に口呼吸の原因となり、唾液が減少し口の中が乾燥しやすくなる可能性が考えられています。

アルカリ性の唾液はむし歯菌が歯を溶かすために出す酸から歯を守る作用があるので、口の中が乾燥=唾液が少ない状況になるとむし歯になりやすくなります。
また、有害な酸などを物理的に唾液で洗い流す効果も弱くなります。

ビタミンCが減りむし歯になりやすくなる。

SHSは血清ビタミンCレベルの低下と関連しており、血中のビタミンCが低下すると口の中はむし歯になりやすい環境になるそうです。

まとめ

タバコは百害あって一利なしですね。

子どもの前でタバコを吸うことは子どもの歯を傷つける可能性もあるということですね。
その他にもいろいろ害はありますが、やめておくほうが良いでしょう。

タバコによる子どもへの害は他にもあります。父親が喫煙していると副流煙など関係なく、遺伝子が傷ついて子どもの精子の量が減ります。以下の記事に詳しく書いていますので良かったら読んでくださいね。

タバコは遺伝子を傷つける!分煙も無駄!父親の喫煙が子どもの精子を減らすという研究結果
タバコを吸う男性は妊娠中の女性から離れてタバコを吸えば(=副流煙対策)をすれば影響は無いと考えていませんか?今回は副流煙の影響を除外してもやっぱり子供に悪影響を与えてしまうタバコの害に関する研究を紹介します。
親の態度が冷たいと感じる子どもはテロメアが短くなる:遺伝子が傷つく
テロメアは精神的なストレスで短くなる事が明らかにされてきています。今回は親の子どもへの態度がテロメアにどのような影響を及ぼすのか?に調べた研究になります。
家族と一緒に食事をする頻度が多いと子どもへのメリットが大きい!
研究者はこの研究で家族と一緒に食事をとることは肥満や不健康な食事および乱れた食生活を防ぐ保護因子として機能するようだと述べています。家族で食事をすることにより、子どもの問題を把握しやすくなったり、コミニーションの場になるなど子育てする上で非常に重要な場だと思います。研究でも証明されたということですね。この研究では両親一緒が良いのか?片方の親だけで良いのか?までは明らかにされていませんでした。ですが、出来れば両親そろっているならば両親とも一緒に食事をとる方が良いと思います。

引用論文

Noguchi, T., Nakagawa-Senda, H., Tamai, Y., Nishiyama, T., Watanabe, M., Hosono, A., … & Suzuki, S. (2020). Association Between Second-hand Smoke Exposure and Depressive Symptoms Among Japanese Adults: A Cross-sectional Study. Journal of epidemiology, 30(12), 566-573.

———————————————————-

管理人おすすめ
「ロボット教室」体験授業受付中
これからの時代必ず必要になるスキルは工学やプログラミングの知識です。

全国展開している有名な教室を紹介します。

全国1400教室で開講している『ロボット教室』
■対象■ 5歳以上から
①監修者:高橋智隆先生 教材ロボットの設計者は、 世界初の対話できるロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」(トヨタ自動車、電通と共同開発)の開発者です。
②4つのコースでレベルアップしながらもっとやりたい!という好奇心を育てます。
③.理数系の基礎力をつける。ドリルでは学べない「空間認識能力」を育みます。

全国200教室で開講している『こどもプログラミング教室』
■対象■ 小学3年生~
①「考える力」を育てるカリキュラム パソコン初心者でも学習できるよう、学習の初期段階では難易度の低い課題からスタート。 最終的には自分でプログラムの改造を考え、作成できるレベルまで育て、「考える力」を育成します。
②.楽しく学ぶために開発した「オリジナル教材」 カリキュラムの最初に謎解きをしながらパソコンを操作しとても考えられた教育設計です。


皆さんの住まいの近くにもあるはずです。
体験だけでもおすすめです!子どもの新たな可能性と進路を見つけましょう

【3歳~18歳】こども
Suzakuをフォローする
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Suzakuの研究所(子育て・教育・心理学に関する研究紹介ブログ)
タイトルとURLをコピーしました