リズミカルな仕草は子どもの会話力を高める

【3歳~18歳】こども

親にとって子どもの会話の能力は気になりますよね。今回は役に立ちそうな研究があったので紹介します。

スポンサーリンク

リズムに合わせた仕草が子どもたちの話す力を伸ばす研究

Observing storytellers who use rhythmic beat gestures improves children’s narrative discourse performance

2018年Pompeu Fabra大学の研究者はリズミカルなジェスチャーを使った簡単なトレーニングが、5歳と6歳の子供たちの話す力に役立つ可能性が示されました。

ジェスチャー、いわゆる会話の時の仕草や動作は人間のコミュニケーションの本質的な部分ですね。大人も子供もすべての人は話すとき少なからず身振りで示す傾向があります。

対象者は5歳と6歳児

この研究の参加者は、ジローナ(スペインの地域)のの5歳と6歳の44人の子供たちでした

この実験では、2人の小学校教師が異なる話をした24のビデオの様な教材が使用されました。

これらの録画のうち12本では、語り手は物語のキーワードを強調するためにリズミカルなジェスチャーを使いました。

そして、他の12本ではそのようなジェスチャーは行われませんでした。

その後子供たちに視聴した動画を説明するテストを行いました。

結果はリズミカルなジェスチャーが録画を見た子ども達は、より良いお話の説明が出来たことが示されました。

子どもたちには身振り手振りを使って説明すると理解が早そうです。子供とお話する時は少し意識してみると良いかもしれませんね。

引用論文

Ingrid Vilà-Giménez, Alfonso Igualada, Pilar Prieto. Observing storytellers who use rhythmic beat gestures improves children’s narrative discourse performance.. Developmental Psychology, 2018; DOI: 10.1037/dev0000604

———————————————————-

管理人おすすめ
「ロボット教室」体験授業受付中
これからの時代必ず必要になるスキルは工学やプログラミングの知識です。

全国展開している有名な教室を紹介します。

全国1400教室で開講している『ロボット教室』
■対象■ 5歳以上から
①監修者:高橋智隆先生 教材ロボットの設計者は、 世界初の対話できるロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」(トヨタ自動車、電通と共同開発)の開発者です。
②4つのコースでレベルアップしながらもっとやりたい!という好奇心を育てます。
③.理数系の基礎力をつける。ドリルでは学べない「空間認識能力」を育みます。

全国200教室で開講している『こどもプログラミング教室』
■対象■ 小学3年生~
①「考える力」を育てるカリキュラム パソコン初心者でも学習できるよう、学習の初期段階では難易度の低い課題からスタート。 最終的には自分でプログラムの改造を考え、作成できるレベルまで育て、「考える力」を育成します。
②.楽しく学ぶために開発した「オリジナル教材」 カリキュラムの最初に謎解きをしながらパソコンを操作しとても考えられた教育設計です。


皆さんの住まいの近くにもあるはずです。
体験だけでもおすすめです!子どもの新たな可能性と進路を見つけましょう

【3歳~18歳】こども
Suzakuをフォローする
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Suzakuの研究所(子育て・教育・心理学に関する研究紹介ブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました