腕立てがどれくらい出来るかで心臓病のかかり易さが予測できる

雑学、心理学

筋力トレーニングとして腕立てをしている男性には朗報かもしれない。

今回はこちらの論文を紹介します。

Association Between Push-up Exercise Capacity and Future Cardiovascular Events Among Active Adult Men

スポンサーリンク

腕立て回数と健康の研究

アメリカの有名医学雑誌JAMAによると、40回以上の腕立て伏せをすることができた中年男性は、心臓病(心筋梗塞や狭心症、心不全など)のリスクが有意に低かったことが分かりました。

腕立ての回数だけで心臓病のリスクが予想できるなんて、無料でわかりやすいですね。

トレッドミルなどの走って心臓病を調べる検査より、心臓病かかり易さを明らかにするのに適しているようです。

対象者

2000年から2010年までの1,104人の男性消防士からの健康データを収集して調べました。

彼らの平均年齢は39.6歳、BMIは28.7でした。

(少し高いような、、、外国だからかも?)

腕立てが出来ると心臓病が減るという研究結果

この心臓病になった人の37人中36人は腕立て伏せが40回より少ない回数しか出来なかった人たちでした。

40回以上の腕立て伏せを行うことができた男性は、10回未満の腕立て伏せを行うことができた人々と比べると、心臓病のかかり易さが96%減少したことが分かりました

健康のために運動しようと考えている方は腕立て伏せをまず40回出来るようになることを目標にしても良いかもしれないですね。

また、この研究では屈強な消防士の中年男性を対象にしたので、女性や子供、お年寄りに適用するには注意が必要です。

しかし、腕立て伏せは出来ないよりは出来た方がいいのでまずは十回以上目指すのもありかもしれません。中年男性は40回以上頑張りましょう!

やはり運動は健康にかかせないですね。

引用論文

Justin Yang, Costas A. Christophi, Andrea Farioli, Dorothee M. Baur, Steven Moffatt, Terrell W. Zollinger, Stefanos N. Kales. Association Between Push-up Exercise Capacity and Future Cardiovascular Events Among Active Adult Men. JAMA Network Open, 2019; 2 (2): e188341 DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2018.8341

コメント

タイトルとURLをコピーしました