赤ちゃん

【0歳〜3歳】乳幼児

夜泣き対策はいつから?放置は良い?科学的におすすめな赤ちゃんの夜泣きに対策について

乳児や乳幼児の夜泣きに付き合うととてもつらいですよね。この記事では最近の研究を利用して、夜泣きは頑張らなくて良い!!が一番伝えたいメッセージです!
【0歳〜3歳】乳幼児

ホワイトノイズは赤ちゃんの痛みを和らげる!科学的根拠

今回はホワイトノイズと赤ちゃんについて説明します。2020年の研究ではホワイトノイズは赤ちゃんの痛みを和らげる可能性があるようです。先行研究ではホワイトノイズは赤ちゃんの入眠を促す可能性があると言われてますが、さらに赤ちゃんの痛みにも効果があるようです。論文をもとに詳しく解説していきます
【0歳〜3歳】乳幼児

添い寝すると夜泣きが増える!添い寝をしなくても愛着や発達に問題ないという2021年の研究結果

赤ちゃんと添い寝をした方が良いのか?赤ちゃんとの関係が悪化する可能性や発達への悪影響はないの?ということについて最近の論文を紹介します。2021年の研究では添い寝をしなくても親子の愛着や赤ちゃんの発達は問題なかったことが報告されています。さらに添い寝すると夜泣きが増えるという結果がでした。詳しく解説します。
【0歳〜3歳】乳幼児

赤ちゃんの泣く理由が分かるアプリ!痛みは90%の精度で判別出来る:2020年のアプリの研究論文を紹介

赤ちゃんがなぜ泣いているか判別できますか?初めての育児では原因が分からないことがありますよね。何を訴えているのか分かれば育児の負担は軽くなるかも。実は研究で赤ちゃんの泣き声は理解されつつあります。つまり痛みや空腹などは分かる可能性があるのです。赤ちゃんの泣き声を判断する無料アプリを紹介します。
【0歳〜3歳】乳幼児

【おすすめ】自宅でモンテッソーリ教育出来るおもちゃ

自宅で簡単にモンテッソーリ教育が出来るおもちゃを紹介します。ポイントは0歳から3歳までは指や感覚を重視したものが大切で、3歳から6歳は日常生活や言語、数学、文化が重要です。このポイントに沿ったおもちゃを紹介します。
【0歳〜3歳】乳幼児

0歳からのトイトレ:ECの効果!5歳以降のおねしょ(夜尿症)を減らす!科学的根拠

紙おむつをする期間が長いと夜尿症(おねしょ)になるリスクが高く、0歳からのトイトレのECには夜尿症のリスクを減らす効果がありました。2020年にネイチャーの論文を元にその原因や科学的根拠について解説します。
【0歳〜3歳】乳幼児

トイトレのECで夜泣きが減る!?トイレトレーニングと泣く赤ちゃんの科学的根拠

赤ちゃんの夜泣きは排泄とも密接に関連しており、生後すぐにECをすると夜泣きも減るよという2020年に論文が発表されました。トイレトレーニングは子どもの排泄に良いことは明らかですが、乳児の泣く回数や泣く時間についても影響する驚きです!しかも生後1か月から開始して効果があるそうです。
【0歳〜3歳】乳幼児

夜泣きを放置!悪影響は?ネントレの科学的根拠!夜泣きの赤ちゃんを放置する「Cry it Out(クライアウト)」

赤ちゃんの夜泣きの対策、いわゆるねんとれについて説明します。夜泣きする赤ちゃんをほっとくネントレ「Cry it Out」について方法と科学的根拠を説明したいと思います。
【0歳〜3歳】乳幼児

赤ちゃんの夜泣きを減らすには?父親も対応すると減る!

赤ちゃんの夜泣きにお父さんは対応しているでしょうか?お母さんに任せきりの人も多いかと思います。 2020年に出版された論文ではお父さんが夜泣きに対応すると、なんと赤ちゃんの夜泣きの頻度が減るというものです。
【0歳〜3歳】乳幼児

子どもに沢山話しかけることの大切さ:言語発達を促す

研究者は子どもに直接話しかけられた言語の方が、単に子どもが聞き流しただけの言語よりも、言語の発達をサポートすると結論しています。 このように、子どもに直接話しかけた言葉の方が、子どもの言語の発達に効果的である理由はいくつかあるようです。
【0歳〜3歳】乳幼児

子守唄は効果あり!赤ちゃんをリラックスさせる。

2015年にInfancy誌に発表されたモントリオール大学の研究です。この論文では2つの実験を行い赤ちゃんが歌を聞いた時の効果を証明しています。
【0歳〜3歳】乳幼児

授乳育児中のママも牛乳を飲むと子どものアレルギーを減らせる可能性

授乳中に比較的多くの牛乳を飲む母親の子供は、食物アレルギーを発症するリスクが低下している可能性があるそうです。これは、科学雑誌「Nutrients」に掲載された、スウェーデンのチャルマーズ工科大学に所属する著者の研究です。
タイトルとURLをコピーしました