雑学、心理学

紙とタブレットなどのデジタルテキストどっちが読書に向いてるの?科学的根拠

文章は何で見ていますか?スマホでブログやニュースは見るけど難しい本は紙で見るなど様々ですが、どっちでも読んで読解力は変わらないのでしょうか?結論は紙の読書の方が有利です。2019年の研究を元にその理由を解説します。
【3歳~18歳】こども

教師にインセンティブをつけると子どもの学力は伸びる!【先生の給料】の科学的根拠

先生へのインセンティブは効果あるの?親としては特に子ども達の学力は上がるのか?という点が気になりますよね。2020年ヴァンダービルト大学のメタアナ研究では教師への能力給は生徒の偏差値を上げる効果があると報告されました。この記事ではこの論文を詳しく解説していきます。
【3歳~18歳】こども

ふり遊び、ごっこ遊びは子どもの感情をコントロールする力を高める!科学的根拠

2018年の研究ではごっこ遊びやふり遊びは子どもの感情コントロール力を高めると報告されました。この力は成績や人生の成功に重要であると言われています。この記事では論文を解説して具体的にはどんな感情を制御する力を高めるのか?なぜ高めるのか?が分かる内容になっています。
【0歳〜3歳】乳幼児

0歳からのトイトレ:ECの効果!5歳以降のおねしょ(夜尿症)を減らす!科学的根拠

紙おむつをする期間が長いと夜尿症(おねしょ)になるリスクが高く、0歳からのトイトレのECには夜尿症のリスクを減らす効果がありました。2020年にネイチャーの論文を元にその原因や科学的根拠について解説します。
【3歳~18歳】こども

【解説】早期教育の効果は?メリットは?2019年のメタアナ論文による科学的根拠!

早期教育のことを英語ではEarly Childhood Education and Care【ECEC】といいます。今回早期教育の効果について解説します。結論から言うと早期教育の効果は言語/文学や数学への効果はありますが小さいです。2019年に報告されたメタアナ論文を元に考察・解説していきます。
【3歳~18歳】こども

STEM教育を取り入れたおすすめ教材・おもちゃ

STEM教育は算数の点数が上がった物や構造を理解するための探索的な行動が増え、学業や科学的な思考が身に付くことが研究で明らかになりつつあります。 またタブレットのSTEM教育系のアプリなども効果があるようで現代の教育方法にマッチしているでしょう。自宅でSTEM教育環境を構築するためのおすすめを紹介します。
【3歳~18歳】こども

【解説】モンテッソーリ教育とは?その効果は?早期教育の科学的根拠

モンテッソーリ教育とは?について説明します。モンテは言語能力や数学能力、社会的スキルや創造性、内発的動機づけなどを高める効果があると言われています。その根拠となる研究を紹介します。結論は科学的根拠はまだ弱いけど早期教育にはおすすめです。
【0歳〜3歳】乳幼児

トイトレのECで夜泣きが減る!?トイレトレーニングと泣く赤ちゃんの科学的根拠

赤ちゃんの夜泣きは排泄とも密接に関連しており、生後すぐにECをすると夜泣きも減るよという2020年に論文が発表されました。トイレトレーニングは子どもの排泄に良いことは明らかですが、乳児の泣く回数や泣く時間についても影響する驚きです!しかも生後1か月から開始して効果があるそうです。
【3歳~18歳】こども

【解説】STEM教育とは?幼児からの早期教育にもメリットがある!科学的根拠・エビデンス

STEM教育って効果あるの?エビデンスあるの?なんとなく子どもに学ばせるのは不安ですよね。STEM教育の効果についての研究やエビデンスをメタアナ論文から深堀して紹介します。この記事でSTEM教育の効果や内容が分かると思います。
【3歳~18歳】こども

しつけを比較!体罰は悪影響が大きい!おすすめは諭す躾!科学的根拠

2021年の体罰を含む3種類のしつけと子どものメンタルを62ヶ国21万家族を対象に調査した大規模研究では体罰は攻撃性を著しく増加させます。諭すしつけでは攻撃性を低下させるかもしれない。
【3歳~18歳】こども

兄弟の良好な関係と父親の態度が兄弟の学問的成功に重要かも:兄弟姉妹の科学的根拠

兄弟姉妹は仲が良いでしょうか?お父さんは子ども達を分け隔てなく公平に扱っているでしょうか?2018年Child Development誌に報告されたペンシルバニア大学の研究ではこれらは兄弟姉妹の学業や学歴に影響を与えるようです。
【3歳~18歳】こども

先生が生徒の能力をどう思っているか(生まれつき?努力で成長する?など)が学習へのモチベーションや成績を変えるかも!科学的根拠

先生の態度って学習する上では結構重要ですよね。どのような態度や声かけが好ましいか?について研究した論文を紹介します。また、教師がどう思っているかによって生徒のモチベーションや成績が変わる可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました